ソニー損保│自動車保険

 

ソニー損保の自動車保険

ソニー損保 

ソニー損保の特徴は大きくまとめて3つあります。
一つ目は[事故解決サービス 365日即日対応]です。
万一の事故の時、お客様の不安を少しでも早く解消するために、事故発生当日の初期対応スピードに非常にこだわっているのです。
24時間365日の事故解受付に付け加えて、20:00までに受付を完了した場合はその日のうちに事故の相手への連絡や病院・修理工場への連絡、代車の手配などを行ってくれるのです。
この急速な対応には「事故解決を備える仕組み」があるのです。
1事故1担当者+チームサポート制でしっかりとサポートをしてくれます。
平日9:00〜17:00の間に電話で事故受付を完了した場合に、1時間以内に専任担当者を決定して連絡をくれるのです。
次に[ロードサービス 全国9000ヶ所のサービス拠点]です。
24時間365日対応です。
車のトラブルにあったらいつでも連絡が出来ます。
等級に影響がありません。
ロードサービスは利用回数に制限がなく、等級に影響もないのです。
車と人の両方をサポートしてくれます。
車のトラブルへの対応に加えて、車で移動できなくなった時の宿泊費や交通費もサポートしてくれるのです。
[保険料は走る分だけ]です。
個人個人のリスクに合わせた保険料算出システムなので、年間走行距離に合わせて、保険料が変わってくるのです。
このようにとても充実したサポートがあるのでお客様満足度が95%でとても人気を集めているのです。

>最短2分!あなたの自動車保険が安くなる!≪完全無料≫

 

 

自動車保険

 

自動車保険は必ず入ろう!

自動車を運転するからには、自動車の保険に加入をしておいた方が、万が一事を考えて入っておいた方が良いでしょう。
と言うのも、自動車で万が一事故を起こした場合、加害者となると保険に加入していないばかりに、自己負担も大きくなります。
それだけでなく、被害を受けた人への交渉や配慮などもしなければなりません。
保険に加入しておけば、第三者である自動車の保険の保険員が、加害者に代わり示談までの交渉を行ってくれます。
自動車を運転するからには、保険には加入はしておいた方が良いですが、これは義務付けられてはいません。
ただ、義務的に加入した方が、万が一の時の事を考えれば良いのです。
事故を起こさないから平気という過信した考えは辞めておきましょう。
毎月支払うお金を惜しんで支払わないのなら、運転はしない方が良いでしょう。
車を運転するという事は、走る凶器を扱っているのです。
便利でも、危険を伴う乗り物でもあるので保険加入は義務的に入った方が良いです。